Translate

2016年1月28日木曜日

新年から、グーグル・アースが「3D化!!」

昨年1月に購入したacer「
クロームブック13(nVIDIA TEGEA k1搭載)」は「グーグル・アース」3D表示が出来なかったのですが、今年1月から3D表示が可能になりました。

クロームブックのその他の機種では「グーグル・アースの3D表示」は可能でしたが、この「テグラK1」搭載のモデルだけ表示出来ませんでした。

これはおそらく「32ビットクワッドコアのテグラK1」に対応していなかつたものと思われます。
64ビットのテグラK1を搭載した「ネクサス9では「グーグル・アース」は表示されていました。

クロームブックでは「最速のグーグル・アース」が表示されると思います。

【グーグルアースの3D化が福岡でも】

 クロームブック13の
グーグルアース3D化と同時期かどうか分かりませんがわが町「福岡」グーグル・アースの3D化が始まりました。

「グーグル・アース」の3D表示は大都市圏を中心に2次元データを3次元データ化しています。
 大量のデータを扱う為、時間と手間がかかります。日本では「東京」「大阪」「名古屋」の順に3D化されていますが、とうとう我が街「福岡」の3D化が
始まりました。
現時点では福岡市内の1/3程度が3D化されています。


クロームブックのグーグル・アースは「グーグルマップ」から「earth」アイコンをクリックする事で表示されます。
アンドロイドのように「グーグルアースアプリ」などをタップする必要はありません。

これで「グーグルマップ」の使用頻度が増えること間違いなし!!ですよね。