Translate

2013年4月19日金曜日

TPP参加で「牛丼1杯100円」!!

牛丼が一杯280円です。これ
は輸入牛肉に対する非関税障壁が緩和された事によるものです。TPPの影響ではありません。
日本がTPPに参加して米が完全に自由化されると「牛丼一杯100円」の時代がくるかも知れない。
アンパン一個120円の世界です。どっちが得か?
「よーく考えてみよう~。」
考えるまでもありませんよね!
福島の農家の皆さん!!
お米作るよりも「牛丼」作った方が儲かりますよ!!

アベノミクスで電気料金は「上昇」し「TPP」で物価は下落し、ますます国内の産業は壊滅状態になります。国内の外食産業は更に減少。あちこちで「牛丼屋」が増殖します。
ラーメン屋もパン屋さんもうどん屋さんも和食屋さんも全て潰れていきます。
TPPで職を失うものは農作物関連だけではありません。農家相手の農機具メーカーの会社も農協関係者も非関税障壁の一つである「軽自動車メーカー」であるスズキダイハツの社員も職を失う事になります。

デフレが進めば日本国民の購買力が大幅に減少します。
TPPを推進すればデフレは増加します。
本当のアベノミクスはデフレから脱却する政府ではありません。

【官僚の反逆】(中野剛志著)
TPP反対論者である中野剛志氏
が「官僚の反逆」の冒頭部分でこう述べています。

「米通称代表部(USTR)のカトラー代表補は2日、環太平洋連携協定(TPP)への日本の参加問題で、日本政府OBからの働き掛けがあった事を明らかにした。
 野田佳彦首相が、TPP交渉参加に向けて関係国と協議に入ると表明した11月11日までの国内協議の最中、数人の元日本政府関係者が訪ねてきて同代表補に「少しガイアツをかけて、TPP参加が日本にとって良いことであると伝えてもらえないか」とTPP参加を日本に促す働きかけを求めたという。代表補は関係者の具体名は明らかにしなかった。
 同代表補は要請について「日本経済の将来に関わるような大きな
決定に、通商相手国がどうこう言うべきではない」との判断を強調。「米政府は日本の国内協議に一切介入しなかった。 決定は日本自身の決定だ」と述べた。(東京新聞朝刊2011年12月4日)

中野氏の書籍は九州ではほとんど手に入らない書籍です。その為ほとんど見る機会がなかったのですが、電子書籍「Kindleアプリ」で手に入れる事ができ、冒頭の部分を読んでTPP交渉の真実が分かったような気がしました。

TPP交渉は日本政府主導で進められている。
日本は交渉に負けているのではない!!
交渉に負けているフリをしているのです。

どうやら大手企業の手先となった自民党小泉政権の危険な匂いがします。
安倍政権でTPP参加は阻止できません。
農家の皆さん! 諦めて下さい!!

海外に出ていっても成功しません。
無駄なお金を使うのなら「牛丼屋」でも始めて100円牛丼店を営業するほうが儲かります。

安倍首相は「守るべきものは守る」といっていますが「誰を」守るかについては述べていません。
潰れかけた「農家」を守るなどと一言も言っていません。
安倍総理・竹中平蔵が守ろうとしているの日本の間違った「グローバル企業」です。

TPPの敵はアメリカではありません。
グローバル企業との戦いです!!