Translate

2013年1月10日木曜日

LTEの速度規制は自爆テロ!

ドコモのクロッシーLTEから始まった高速通信の速度規制

「動画再生が出来ません。」

光通信なみの速度があっても、動画再生が出来ない高速通信(定額料金)はあまりにも高く付く代物です。
 世界中の動画が集まる「YouTube」はスマートホンのLTE(定額)ではあっという間に「速度規制」が起こり、メールすら満足に送れない事態になります。

ドコモのクロッシーLTE、ソフトバンク4G-LTE,au  LTEこれらすべてのLTEには全て速度制限があります。

ひと月の使用料が7Gバイトを超えると速度が128kバイト(動画再生など絶対に出来ません)

データ速度を高速化しても大量にデータを送ることが出来ないLTEにどういった意味があるのですか?

動画が再生できないのであれば3G回線で十分です。LTE必要ありません

ドコモ、au,ソフトバンクバンクさん、教えてください!!

「LTEは契約してはいけません!」

2013年1月9日水曜日

皆さん、知ってますか?

【最近流行りのLTEで動画再生出来ません】

光通信並の転送速度を誇りながら、動画再生をするとあっという間に速度制限を喰らい3G回線以下128KB/sまで速度が落ちます。

これは、LTEを採用している携帯会社全てに起こる現象です。

LTEを使っての動画再生(YouTube、やテレビ電話などは利用できません。
WIMAX(40MB)などのモバイルWi-Fiルーターを利用してLTEの契約は解除した方がよさそうです。

動画再生の出来ない高速通信なんて全く意味がありません!!

LTEは使い放題ではありません!
気をつけて!!

携帯会社は嘘つきです!!

2013年1月8日火曜日

知能レベルの低いNHK!

【反原発を繰り返すNHK】
新年早々NHKのクローズアップ現代は時間延長のスペシャル版「反原発・脱原発の完全なる左翼報道」でした。

エネルギー大変革~岐路に立つ日本の資源戦略
その内容は「シェールオイルバンザイ!」「ロシアバンザイ!」、日本は「原発」に頼らなくても大丈夫!という代物でした。

【シェールガス・オイルの米国の狙い】

①中東に依存しなくて済む(自給自足)
②ホルムズ海峡の警護費削減

アメリカは石油資源を維持するために膨大な国防費を使ってホルムズ海峡などのシーレーンを警護しています。
 シェールオイル・ガスが米国内で自給自足出来るようになると今までのような巨額な国防費は必要なくなります。

アメリカは日本の為にホルムズ海峡を警護
してきたのではないのです。彼らの国益のためになるから「警護」してきたのです。

ついでに守ってやるから金ぐらい出せよ!」と言うのがアメリカの考え方でした。
ところが、シェールオイルの登場で膨大な国防費も必要なくなりました。

日本が化石燃料に頼っている限り、日本の未来はありません。日本は米国並みに国防費を増強し、シーレーンを維持して、「化石燃料」(石油・天然ガス)を維持できるのか?
今回の放送でNHKはその事を一切、触れませんでした。さすが左翼「国営放送局」売国奴「国営放送局」。

日本は「脱原発」よりも「脱化石燃料」を目指さないと世界経済から抹殺される運命にあることを理解しなければなりません。

平均年収1700万円以上ももらっているNHK職員の「お花畑」的な左翼集団に、「国民」の苦悩・危機感は全く感じられないのでしょう。